未分類

ハチミツ青汁はとても飲みやすいから楽々飲めるのです

2016/11/28

最近はハチミツを加えた青汁の製品も増えてきました。青汁は苦みがあるために敬遠している人も多いため、そのような人達が飲みやすく様々なドリンクをブレンドして飲みやすい方法を試行錯誤しています。

その方法の一つがハチミツを加える方法です。ハチミツは独自の甘みと風味が強いため、青汁独自の野菜臭さを中和してくれるのです。実際に飲んでみると分かりますが、苦み成分が残っているのですが野菜独特の風味はかなり抑えられているのでとても飲みやすいのです。

特に若い人にとっては甘い味で青汁が飲めるというのはとてもメリットがあり、始めて青汁を飲み始める製品には非常に有効となります。

青汁の製品に ユーグレナ (ミドリムシ)を含有しているタイプもあります。魚のDHAなども同時に含有できるという健康効果を重視した青汁ですが、生活習慣病改善する為にはとても有効な製品となるはずです。

このような青汁以外の食品をいろいろとブレンドする方法は、自分でも試行錯誤して試していくことが出来るため、ハチミツなどがブレンドされていないタイプの青汁を準備して、自分のレシピでおいしい飲み方を考案していく対策も必要となってきます。

青汁を飲みやすくする考え方ではなく、粉末の状態で焼きそばの上にかける方法や、お好み焼きの上に青のりの代わりに使う等、様々な食べ方があります。

ヨーグルトに青汁を加えて抹茶風味のヨーグルトにする事も可能です。この時バナナなどをトッピングすると食べやすくなるので、ヨーグルトの乳酸菌の風味と、青汁の苦さ、そしてフルーツの甘さをうまくブレンドして美味しく摂取できるように考えていきます。

フルーツに青汁を加える方法は、とても有効となりますが、フルーツジュースの甘味料が多すぎると肥満となってしまうドリンクとなってしまうので、できれば甘さが入っていないドリンクをベースにすべきです。

カルシウムなどの摂取量を高めることを考えれば、牛乳でブレンドするのも良い選択であるし、多くの人が取り組むようになった豆乳と青汁のミックスもとても良い考え方です。

豆乳は、成分無調整のタイプではなく、コーヒー味であったり、バナナ風味であったりと様々な味付けがしてある豆乳飲料があります。

豆乳飲料は甘さが強調されていますが、その分だけ青汁とブレンドするととても飲みやすいドリンクに変わります。あまりにも甘い場合には水を加えて中和して、ほどよい状態の飲みやすい青汁に作り変えることで継続して飲み続ける事ができます。

-未分類